断捨離

断捨離に出会うまでは、孤独を抱えて生きているような気持ちでした。

家事に仕事に子育てと女性は忙しい。

頑張ればいくつものことを同時にこなせてしまう。

しかし、疲れている。

やましたひでこ公認

働くママを応援する

断捨離トップトレーナーの南前ひとみです。

 

 

疲労困憊でも、やるべき事がたくさんあって

やりすぎてるのにキャパオーバーに気づかない。

 

そんな時、小さな労いがあれば救われる。

そんな時、ありがとうと言われるだけでスッとする。

そんな時、話を聞いてもらうだけで緩むのに。

 

案外、孤独な子育てを強いられている人が多い。

「出来ない私」を取り繕って生きてきた。

誰にもそのことを知られたくなかった。

 

「引っ越しを期に、

片付けられる人になろうろとしました。

・・なれませんでした。」

 

そう仰ったのはSさん。

 

馬鹿げた事と思われるでしょうが、

無駄話をする相手がいなくて、

孤独を抱えて生きてるような気持ちでした。

そうお聞きして、リアルに場面が思い浮かんで

ウルウルきました。

私も、引越し先での子育て経験があります。

途方に暮れている時期は度々落ち込みました。

 

本当にね。。。

わかって欲しいのよ。

 

慣れないことにがんばってる私を。

 

どの子の子育てだって、みんな違っていて

初めてなんだから。

 

ママたちは頑張ってるんだよ。

「今度こそ!」と思ったSさんの子育ても、断捨離も

どこからどうしたら良いのかわからず困っていたそうです。

 

しかし、ここで諦めてしまったら、後が無い!!と

追い立てられるような気持ちでまず取り組んだのは断捨離。

ふと目に止まった糸くず。

この糸くず1本を取り除く。

「出来た私」を認めるところから断捨離を実践しながら

子育てが変わって行ったのだそうです。

自分で自分を認めるトレーニング。

誰が認めてくれなくても、まずは自分が出来たことにしてみる。

加点法での自己評価を積み上げる。

 

 

いつしかSさんに笑顔が蘇る。

「助けて」って言える自分。

 

断捨離仲間は、同じトレーニングを重ねる仲間。

共通意識で繋がった安心安全な場がここに。

 

 

先ずは、断捨離をはじめてみよう。
それどころではないと思って忙しい、

大変だと感じる時にこそ行動を変えてみる。
自分らしく生きるための、愉快な断捨離。

仕事も家事もしっかりやって

家族との時間を楽しみたい。

自分の時間も作りたい。

そんなあなたに伝えるたったひとつのこと。

みなみちゃんと一緒にはじめよう。
https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/7396

 

 

にほんブログ村断捨離ランキングに参加しました。

あなたのワンクリックが励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村